CAFE/BARで癒す
CAFEやBARの食や空間や音楽に癒されながら時間を過ごすことが好きです
取材履歴

愛知県豊田市ケーブルテレビ
ひまわりネットワーク
週刊ひまぺでぃあ!
とれたてトレンド
2006年9月16日~1週間



Ads by Google



ブログランキング

人気blogランキングへ



FC2カウンター



プロフィール

カフェバー小僧

Author:カフェバー小僧
FC2ブログへようこそ!



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



書籍・CD・DVD



ブログ内検索



RSSフィード



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


癒し空間のIL LAMPO
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

先週も行ってきました。生ハムへ。
ここは三条河原町界隈のIL LAMPO
caCA3A0087.jpg

宴会まで少し時間があったので、カフェ使い的に
生ビールと生ハムをやっちゃいました。

かなり前から気になっていたお店ですが、ようやく
行くことができました。
お店に入ると
caCA3A0082.jpg
入口にカウンタ、奥はテーブル席です。
ゆっくりもできなかったのでカウンタで
スタンディングでいることにしました。

カウンタから見る入口は
caCA3A0086.jpg
そして真正面に見える壁には
caCA3A0085.jpg
味わいのある雰囲気がいいです。
そして生ハムはサンダニエーレ産です。このお店の
生ハムは塊をスライスするタイプです。
このタイプでは赤身の部分のやわらかさとジューシーさ
が口の中で広がるように感じるので、ビールがゴクゴク
と進んでしまうのです。

あまり長いこといなかったのですが、癒しの雰囲気が
心地よかったので、次回はもう少しゆっくりとしたい
と思いました。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報


BAR MAR(バルマル)烏丸
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

久しぶりにバルの開拓です。このブログを始めたころ
は京都でバルやバールという言葉が全然浸透していな
かったわけですが、最近はあちこちで見られるように
なりました。

そんな中、先月四条烏丸にオープンしたのは大阪で
盛り上がっているお店、BAR MAR(バルマル)です。
mar5-1.jpg
赤色が印象的なお店です。もちろんお店の中も
mar1.jpg
たまたまお客さんがいないスペースを撮影することが
できましたが、お店はお客さんも店員さんも陽気で
活気がありました。

まさに仕事帰りのちょっと1杯といった感じでしょうか。
mar4.jpg
そして僕もバルでいつも注文するものを。
mar3-1.jpg
やめられません(笑)

MAR(マル)といえばスペインではDJのメッカである
cafe del marが有名ですが、京都ではこのお店が
サラリーマンや若い人たちのたまり場となるべく
シーンとなるのかもしれません。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

テーマ:スペインバル - ジャンル:グルメ


東京駅地下のBAR DE CERAMICA(バル デ セラミカ)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

やっと東京シリーズも最終回になります。
お店へ行ってから2ヶ月が過ぎてしまいました。

更新が遅すぎです(笑)

東京シリーズ最終回は東京駅八重洲地下街にある
BAR DE CERAMICA(バル デ セラミカ)です。
CA3A0050.jpg
夕方の時間でしたのでお店はちょーいっぱい。
CA3A0044.jpg
同じ並びにある飲食店ではこんなに混雑は
していないのですが、このお店だけが突出して
混んでいました。

人気店の証なのでしょうか。
そんなわけで僕が言ったときもギリギリ座ることが
できました。そのかわりテラス代わりの入口の横です。
CA3A0051.jpg
ちょっと一人では恥ずかしさもありましたが・・・

そんなことにも懲りず、早速、ビールに生ハムを
CA3A0047.jpg
いつもならハモンイベリコベジョータだけなのですが
このお店ではイベリコ豚のハム3種盛を注文。

ハモンとチョリソーとロモエンプチャード
仕事帰りのビールにはぴったりです。
しかもビールはスペインのクルスカンポ。
いつもの生ビールとは違います。

僕は新幹線に乗る前の晩ごはんだったので
そのほかにエビのアヒージョと蛸のガリシア風を
注文しました。
CA3A0049.jpg
僕のバル定番オーダーメニューです(笑)
とはいえ、ここでも蛸のガリシア風にジャガイモが
入っていたので、結構お腹が膨れてしまいました。
現地ではむしろジャガイモが入っているのが
この料理だということだそうです。

さて、このお店の外壁は少し個性的なのですが、
お店の方によると愛知万博で使用されたものを
そのままこちらの壁にしてたそうです。

そんな豆知識もいただきながら、
京都へ帰る前の晩ごはんを楽しみました。
CA3A0052.jpg
東京での遊び方、東京出張が減ってしまってから
知ってしまいましたが、改めて満喫できたことが
うれしかったです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



バル アンダルシア八重洲(スペインバル八重洲)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

さて、東京シリーズに戻ります。
更新ペースが遅すぎるのでお店がリニューアルされて
しまったという事態が起こってしまいました。

7月の始めに行ったスペインバル八重洲です。
CA3A0040.jpg
今は名前を変えたそうで
バル アンダルシア八重洲という名前に。

でも、中味は変わっていないと・・・思います。
こんな風景も
CA3A0024.jpg
こんな風景も
CA3A0032.jpg
家庭的な雰囲気にバルらしさを感じます。

さらに料理も
CA3A0027.jpg
大好物の生ハムはサラマンカ地方のギフエロというところの
イベリコ豚です。

あいかわらず脂がトロっととろけます。赤みの柔らかく
ジューシーでした。

そんな生ハムよりも印象に残ったのは
CA3A0030.jpg
ジャンボマッシュルームのアヒージョ

一人ではなかなかのボリュームでしたが、
じっくりと味わうことが出来ました。
CA3A0029.jpg
場所が東京駅の近くなので、出張帰りのちょっと一杯
という使い方もできます。

この日の僕は出張帰りではありませんでしたが・・。

ただ、やはり食事時になると予約客ですぐにいっぱいに
なっていました。
CA3A0026.jpg
流行っているんでしょうね。

今度はゆっくりと行ってみたいと思います。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

テーマ:スペインバル - ジャンル:グルメ


木屋町四条にあるPLATERO(プラテロ)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

京都シリーズ第2弾です。
あ~もうだいぶ前ですね。

ここは木屋町四条にあるPLATERO(プラテロ)
CA3A0021.jpg
もともとは酒屋さんだそうです。
一部改装されたのでしょうか。

お店はカウンタ席と
CA3A0019.jpg
奥にテーブル席があるようです。
CA3A0013.jpg
そして、ここの生ハムは・・・・・僕にとっては
初体験でした。
CA3A0010.jpg
トレベレス産の生ハム。

今までは豚の種類で区分がついていたのですが、
産地でブランド化された生ハムのようです。
スペインのトレベレス村というところで生ハムを生産
しているそうで、その生産方法は200年以上にわたり
引き継がれてきたそうです。

塩は地中海の天然塩のみを使用しているそうなの
ですが、しっかりと生ハムにまで塩味がついています。
CA3A0011.jpg

お店の多くはタパスでありちょっと一杯という
気軽さはいつでも行けますって感じです。
CA3A0017.jpg
これからのビールのうまい季節。
生ハムをあてに生ビールにワインという
流れで仕事疲れを癒してみてもいいのでは

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

テーマ:スペインバル - ジャンル:グルメ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。